2017/18 ニューシーズン「BC LIFE」撮影が、始まりました。(北海道スペシャルファイナル)

画像


昨日&今日と順調にBC LIFE撮影が、終わりました。
今季の目玉は、一眼レフを使用した4K動画撮影です。このカメラのレンズは、凄いぞ!
他に「Go Pro」カメラ+カルマグリップが、私も含めて3カメ(5が2個と6が1個)+4K撮影ドローンが2台+ソニー4Kハンディカメラ。和田プロのニコンカメラでの写真撮影。この全てを合わした撮影機材だけでもレベルが、本格的な放送局体制のような機材で撮影を開始します。
乞うー、ご期待です。 カメラマンのEnoさん。

画像


今日は、キロロスキー場から余市岳を目指すツアーの模様を撮影しました。
天気は登りの時に晴れて、綺麗でしたねー。 良い撮影ができました。

画像


今日は「クリスマスイブ」と言うことで、サンタクロースにコスプレして見ました。
如何でしょうか クリスマスツアー2日目です。

画像


今日も、ヤル気満々のMeguさん。

画像


MeguさんとYutaさんで、パウダートレーンで滑って頂きました。
なかなか息は、ピッタリ合っていました。 今後楽しみです!

画像


猛スピードで滑り降りるYuta

しかし罠は待ち受けていた・・・それをも知らずに突っ込む滑り!
あっ! 一瞬消えた。 NG特集で、その後をお見せします。

3レンチャン、NGシーン。

画像

画像

画像


カメラは逃さずに、転倒シーンを捕らえました。

画像


転んでも元気で明るいYutaさんが今季揃えたカメラ機材は、「Go Pro 6」とカルマグリップとの組み合わせ!
これで滑り手を追いながら、滑降撮影をする予定です。色々な撮影をして見たいと言う。
楽しみですねー。

画像

画像


この人で、「BC LIFE」番組の良し悪しが決まる張本にである。

このレンズとカメラで撮影する動画は、映画のように撮れると言う代物です。
レンズだけで約40万円もする代物です。カメラと合わすと60万円ぐらいでしょうー。
熱の入れようは、ハンパ無いです。 更にヘルメットには「Go Pro 6(4K撮影)」とニューカルマグリップの組み合わせです。
彼が撮影している時は、真剣勝負のプロです。

こんな撮影機材と人材で、ツアー参加者の皆さんを今シーズン撮影します。
撮影日に参加した場合の時は、皆さんに撮影協力をお願いしています。
宜しくお願い致します


つづく~








この記事へのコメント

ジャンプ
2017年12月27日 22:16
BC LIFEの大ファンです。撮影機材に 心底驚きました。ミラーレスにシネマレンズの組み合わせで雪山で撮影する人がいるんだと驚きました。いつもどうやって撮影してるのかなーって興味津々でした。ドローンを雪山でこれだけ飛ばす人も見たことないですが、さらにこんな超高額なカメラを惜しげもなく冬の山に持っていくなんて‼️これからもがんばってください。
リサ
2017年12月30日 13:17
最近、某サイトでBCLIFEを知ってすっかりハマってます✨出演者の方はプロの方何でしょうか?和田さんのスキーシーンも素敵⭐最高なスキーシーンを撮ってもらって羨ましいです。苦労して撮影してるんですね~😂感激しました。その苦労を感じさせない編集がすごいですね。これからもBCLIFE楽しみにしています✨✨
和田プロ
2017年12月30日 15:47
リサさんへ。 プロは私だけで、皆さんアマチュアスキーヤーですけど、かなりの経験の上級者ばかりです。編集は自分も出ているのですが、凄いと言うかレベルがプロ並みで素晴らしいと思っています。励ましのメールありがたいです。これからも色々なシーンと内容の濃さで勝負して行きたいと思っています。これからも見て下さい! ありがとうございました。
Wada Pro
2017年12月30日 17:45
ジャンプさんへ。コメントありがとうございます。 BC LIFE大ファンということで、ありがとうございます。ソニーミラーレス&シネマレンズは、今季から導入しまして第1回目のBC LIFEの撮影から使用しています。まだ画像は見ていません。ドローン撮影は、プロと同様なテクニカルを持っている方です。本当に難しい撮影をこなしております。例えば風速14メートルでは、ドローンは通常飛ばしませんが、それを覚悟を決めて飛ばしてしまう凄さ。スキーヤーが滑走すると同じく斜面をドローンが滑降に合わして撮影するなど、夜の撮影では真っ暗闇での撮影は圧巻で高い木々がや松などがある中で、高所撮影は奇跡に近いものがあります。現在の、Vol.18を見ると凄さが良く分かると思います。
励ましのお言葉を頂き、ますます熱を入れて頑張ります。次回は、新潟県の「ロッテ・アライリゾート」での撮影を予定しています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック