和田好正 公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 知られざるプロセス! 「空を飛ぶ夢と挫折。」 -2

<<   作成日時 : 2019/02/26 21:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今日は、いい雪が降っていました。
こちら大雪山は、まだまだ冬です!

知られざるプロセス
第4章「空を飛ぶ夢と挫折」の2回目です。

 何の根拠もなく夢ばかり追って行くが、現実性が全くと言って無い。しかし夢を追うことは、止められない。
 それも夢で終わるのではなくてダメな現実が待っていたとしても、やって見ないと気が済まない性格だった。

 それが自分でも怖かった。引き下がると言うことが無いからだ。 牛のように向かったら最後まで突っ込んで行くのみである。何があろうとも。
 これが良い結果が出るのであれば良いのだが、大体は悪い方の結果が出る。

 失敗は成功の元と言うが、失敗した時のダメージは大きい。
 同じ失敗を繰り返さない事が、その後の成功のカギを握り。
 失敗は勉強だと思って前向きに考えなければならない。

 夢を追ことは、相反して捨てること!
捨てなければ成らないことなど、沢山出て来た。
 夢を叶える為に、努力する時間が多く取られるのである。それに掛かる費用など、全てを掛けるのだ。

 女性との付き合いもお金が掛かるので、控えなければならない。
 全ての欲を満たしていたら、夢の現実は難しい。ではお金持ちだったら、夢は買える? それが、そうでもなさそうだ。

 確かにお金が沢山あったら、何でも買える? 物欲の夢は叶えられそうだが、しかし夢に向かって地味に毎日の努力することは難しいだろう。

 それは、お金が怠慢を招くからだ。
 そこには、ハングリー精神が必要なのだ。その点は、私は普通の家庭に生まれたので夢を追う金なんて、微々たる資金で追わなければならなかった。
 精神だけは、誰にも負けないハングリー精神があった。
 まず最初に訪れた夢の実現に、心がワクワクと踊っていた。

 いよいよテスト飛行に挑む時がやって来た。ワクワクする気持ちで一杯だった。
 もし何かあったらと思い、高校の時の友人Gさんに付き添いとして、見ていて頂くよう頼んで来て貰った。
 実家の裏山に丁度良い傾斜が付いた斜面の丘があった。少し飛ぶには、絶好の場所だった。

 まずは組み立てた。
 しかしノーズ(トップ)のところからコントロールバーに綱がつているワイヤーが緩んで、ダルダル状態で不安だった。

 何とか組み立てたが、自信が無い。しかし生まれ持った性格から、ここで止めるわけには行かない。
 取りあえず軽く飛んで見るつもりだ。このいい加減な気持ちが、ゆくゆく大変な事故を招く事になる。

 そもそもハンググライダーを知り得た情報と興味は、どこから来たのか? 1975年5月に公開されたある映画だった。タイトルは「スカイ・ハイ」と言う映画で、香港とオーストラリアの合作映画だ。 その主題歌は、イギリスのロックバンドジグソーの曲が大ヒットしていた。

 その映画に出て来るハンググライダーが軽快な音楽と共に大空を飛んでいるシーンが、何とも心にグッと来る映像だった。 自分もこの空を飛べたら、どんなに気持ちイイだろうなあー。

 私の心にビリビリと電流が走るような刺激が走り、飛びたいと言う気持ちを現実的に持ったのがキッカケでした。

 そのタイミングで、あるスポーツ雑誌で見たハンググライダーの販売広告だった。それを見た瞬間に直ぐに欲しいと思った。迷わずに夏のボーナス約半分を費やし、約8万円で手に入れた。

三角形の形をしたデルタスタイルのハンググライダーで、アメリカで作られた品物だった。

 お金があれば、夢は現実になるのか?
まだ飛んでもいないのに軽く考えていた。

飛ぶ前にもっと空について、航空機力学について少しでも勉強しておくべきだった。と強く思った。

 ボルトを外してワイヤー付け替えるが、上手く行かない。最終的には、こんなもんかなあー?と不安もあったが、早く飛びたいと言う気持ちの方が強かった。

組み立てと各パイプのボルトの点検を終えて飛び立つだけだ。

さあーいよいよ飛ぶ夢が叶います。がしかし、そう簡単には夢の現実は行かないのが人生だった。
厳しい現実が待っていた。
耐えられるか? この痛みに・・・痛みをバネに❗ という体験したく無い体験をすることになった。

次回に続きます。乞うご期待! お楽しみに・・・・・・・・・・


画像


この雪で旭岳は、パウダーリセットするでしょうー。
粒は大きい雪の結晶ですが、ふわふわな雪が空から降ってきます。

私は明日から久々の休みで疲れを癒していますが、細かい仕事があり部屋籠りです。
時間があったら、旭川に買い物に行って来る予定です。

休みは、イイですねー
しかし雪と天気が良いと、つい滑りに行ってしまいます
山の直ぐそばにいるのも、困る場合がありますねー。


つづく〜






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
知られざるプロセス! 「空を飛ぶ夢と挫折。」 -2 和田好正 公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる