大雪山2019'ファイナル 雄大スキー&ロングツアーに挑む!スノーボーダーの巻。

画像


この雄大な大斜面を、攻めろ
雪も良く! 天気も良くなる予報なので、雄大スキーのロングツアーに決めました。
もしかしたら、今日がファイナルになるかもしれない日です。ラッキーなことに、天気は晴れ模様の天候。
挑んだのは、なんと珍しくスノーボーダー4名で、ガイドの私だけスキーです。 スノーボーダー/Obaさん。

画像


4名の参加者と深い雪を登る。
結構積もっていました。ラッセルは、スプリットボードのObaさんと代わる代わりでやりました。

画像


この広い大斜面のキャンパスに、自分だけのシュープルの跡を残せ!
後から滑る人のことなぞ気にしなくても良い、何故ならば幾らでも空きは限り無くあるのです。

画像


大斜面を、ラッセルで登るObaさん。

登っている最中の天候は、そんなに良くはなかった。
しかし青空が広がり、どんどん良くなって来ているのが分かる状況でした。

画像


スタートポイントで、滑るルートのディスカッションをしているところ?
A.Mに、自然に写り込んでいました。リアル感が、いいですねー。

画像


雄大滑降を終えて、戻って来たObaさん。

画像


君津軍団を代表して雄大スノーボーディングに挑んだ、Kimiさんが頑張っていました。
君津軍団、ここにあり

画像


ロングルート第1セクションの雄大スキーを終えた、4名の参加者達。

画像


第2セクションは、変化あるルートで雪がいいですねー。
ママ姫のNaoさんは、健在です。
本来の体力を、完全に戻しつつありますね~。 女性は、強い

画像


君津軍団メンバー・Kamiさんの調子は、随分上がって来ました。なぜならば、ボートをフォールラインに降ろせるような滑りになって来たからです! でも、これからという時に帰ってしまうのが残念です。

画像


画像


画像


素晴らしかった今日のロングルートは、計画された3部構成から成り立っています。

最初は、旭岳の標高約1800mから大斜面の雄大滑降が第1セクション。
第2セクションは、変化に富んだパウダースノールート。
第3セクションは、ムーミン森から急斜面のツリーラン。

トータル的に、①大斜面→②変化あるパウダールート→③急斜面のツリーランという1日がランチタイム含めて大雪山の魅力を楽しめる内容になっています。
下に着くと、14:30pmぐらいになっていました。

来シーズンに天気にもよりますが、ぜひ参加して見てください。 それには最低でも、3泊4日の4日間丸々参加する予定で計画を立てると良いかとお薦めします。

画像


Naoさんのスタート瞬間を捉えた写真は、A.Mをスキーの後ろに取り付けてバック撮影をして見ました。

画像


スタート直後の写真です。(A.M+Go Pro7)

画像


今日は、部屋のベランダから夕日が見ることができました。
何度見ても、美しいです。

P.S~おまけ写真は、仲がイイ~ Yamato君とのツーショット
画像



つづく~

追加大サービス

パウダー写真を、追加します。あまりにも良かった雪を、思い出して下さい。
参加した皆さんも、参加出来なかった皆さんも、写真を見てイメージして滑って見て下さい。

イマージネーションから現実へ。来シーズン、また「大雪山パウダーツアー」を想像して来て下さいね!
ここには「パウダードリームシーズン」が、長く続きます。

では、見て下さい 3月18日のパウダードリームです

画像


完全復活 姫ママのNaoさん。

画像


君津軍団の現代表(仮)のKimiさん。

画像


Kamiさんは、君津軍団メンバーで現在は子供にスキーを教えているというが、スキーは下手くそで自分も転び! 教えることが出来ないと、嘆いている。

画像


1年間休職して放浪の旅に出ている、Obaさん。カナダで勤務している大学では、6年ごとに自分のご褒美で1年間休職して休まなくてはならないという。 日本から見ると、なんとも羨ましい境遇です。カナダは、いいなあー。それだも日本には、帰れませんよねー。 カナダに永住ですかね

今後もまだまだ休暇は続くと思いますが、全力で楽しんでください。人生1回しかありませんので・・・。
楽しまないでこの世を去る人も多くいるか? と思いますがチャンスがあったら、楽しんだ方が人生の勝ちですね!
私達には、1回の命しか与えられていません。

Obaさんとは、最後の夜に酒を交わしてお話しをさせて頂きました。
純朴な方で、酪農に関わるお仕事をされているような純真さが伝わって来ました。
短い時間でしたが、愉快で面白い人でした。 また、どこかでお会いしましょうー。
いい旅を…

画像


ここ旭岳には、とても可愛いい「ムーミンの森」があります。それが、ここのエリアです。
えぞ松に囲まれた「大雪山のムーミン森」です。 ここでランチタイムを、取りました。
大変贅沢なランチ場所だと思います。

ここでゆっくり休んで、もう一滑りです。
現実離れした夢のような大雪山パウダーツアーでした。


追加版、終わり

このツアーが、今シーズンの最後を飾った大雪山パウダーツアーのファイナルに決定しました。
24日が最後のツアー予定でしたが、予約が昨日から入っていない状況なので中止しました。

基本1週間前の予約なので、既に切っていますので予約無しという事で決定しました。
明日は、移動の身支度をして明後日に札幌に帰ります。

雪は、まだまだ良くて週末には、またパウダースノーが積もる予報です。 この時期に来ないのは、勿体ないですね! 本当は続けたかったのですが、ゲストニーズが無ければ、変更するしかありません。

この時期は、本当は天気が良く雪も良い時もあり、面白い3月末なんですが、なぜか?参加者はガクと減るのです。不思議です。
ホテル客も、減ります。外人客もいなくなり静かでベストなんですが… なぜか集まりません。
年度末とか? 何かあるのでしょうー。

でも今シーズンの仕事としては、多くの方々が来てくれて昨年よりゲストさんは増えました。
プラスになった要因は、外人のお客様が増えたかもしれません。
良かったです。

殆ど休み無しで頑張りましたので、少しだけ休みを取って次に備えます。
札幌と八甲田山で鋭気を蓄えます。

今季参加してくれた皆さんへ。
心よりありがとうございました。
また来シーズンの「大雪山パウダーツアー2020'」に、来て下さい
参加を、お待ちしています。

冒険スキーヤー和田好正より


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック