「思い出のワンシーン」ワールド編

さあ〜ここは、どこだと思いますか? 日本では無いことは確かです。随分前にも出しているので、知っている方は知ってるでしょうー。何回出しても、飽きないワンシーンです。 大陸なのですが、海のように大きな氷の大地です。 氷の厚さが一番深いところでは、4000メートルというから富士山がすっぽり入ってしまう厚さです。 ここまで行くと、次元が違う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン ⑧

全国的に暑いですが、このワンシーンを見て吹き飛ばしてください!今日は、35度越えか? と予想されています。札幌も30度越えの猛暑で熱帯夜? 急激的に真夏日になりました。我慢しないで、クーラーを入れてヌクヌクしましょうー。関東では、クーラーが効いた家から外に出るとムッとする湿度が加わり異常な熱風が肌を覆い、太陽の光は肌を刺すような強烈な光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン ⑦

天気も良く、イイ写真が撮影できました。バックの岩に付いた雪の塊が、通常のルートとは違う冒険的なスキーを表現しています。景色が違うルートを滑らせたく、少しトリッキーなルートへ案内しました。 雪も良く、絶好の撮影日和でした。スキーヤーは、Wataさん。場所は、大雪山・旭岳スキー場・BCエリア。撮影日/2019'2月 学生時代からやってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン⑥

素晴らしい雪に歓喜! ここ大雪山・旭岳パウダーツアーのシークレットルートを滑るスノーボーダー。ここの雪は特別で、最近は世界からこの雪を求めて集まって来ます。 ここを体験するには、スキーガイド無しでは難しい。特にスキー場から離れた奥深い所では、滑り降りた後の帰り道がまるで分からなくなる場合があります。 ガイドなしで帰る事は容易では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン⑤

かぐらスキー場のシーズンは長い。11月末にオープンをして5月末まで滑走が可能です。スキーを愛する者にとっては他のスキー場が終わっても、ここに行けば滑れるという最後の救いがある場所です。実はここは豪雪地帯で、昔は10m越えの積雪があったそうだ。今でも、6mぐらいは積もっています。豊富な雪に恵まれたかぐらBCエリアは、BCスキーヤーがゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A.M 開発プロジェクト! いよいよ大詰め!!

A.Mを手にする(株)イケダのプレジデント池田さん。私は今季のテスト結果と今後の課題を提出する為の打ち合わせに、長野県・上田まで行き社長にまず説明をしました。夜は美味しい料理を、ご馳走になりました。 主に写真撮影に力を入れておりますが、もっとリアルな撮影写真を、滑りながら撮影出来なだろうか? とアクションカメラを利用してソニーやGo …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン④

この広い大斜面を独り占めが出来る「かぐらBCエリア」は、東京から最も近くて超豪快BCスキーが出来る場所です。  ここの「パウダースノー」は、稀に見る素晴らしい雪で一度知ったら、東京からこんなに近くて、こんな素晴らしいところがあったの? と驚くことでしょう。 太陽の光を背に自分の影が真っ白な雪面に映ります。2月のかぐらは、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン③

木々の枝に張り付いた雪は、銀世界の景色です。その中にスキーヤーNさんが滑る! 絵の中のような「ポツンと、一人スキー」で滑っている瞬間のワンシーンは、アートみたいに思えます。 ここは、「札幌国際スキー場」での初滑りBCツアーからです。(昨年の12月に撮影) スキー場を利用して1時間ぐらい登り、「朝里岳」頂上付近から滑降して、スキー場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン ②

札幌在住のNさんは、スーパーシニアスキーヤー 77歳です。初滑りパウダーツアー参加の為に、中山峠スキー場に来てくれました。 まだ熊笹も埋まっていない時期で滑るパウダースノーは、締まりもなく底無し沼のように埋まるフワフワ雪です。 木々に張り付いた雪に囲まれ、とても幻想的な光景です。 初滑りBCツアー中山峠は、とても静かで癒されます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン!

昨年の12月「初滑りBCスキーツアー」札幌スペシャルから、Tさんの滑り。静かだった中山峠スキー場で、ふわふわ雪に感動です。 札幌から車で約1時時間半、ここの「中山峠スキー場」に着くことが出来ます。登りもクローズになっているスキー場を、約30分ぐらいを何回か登って滑るソフトなツアーです。 あと5ヶ月で、この世界がやって来ます。今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武者修行-8(知られざるプロセス・第6章の最終回)

  その後において、スイス・ザースフェーで行われたワールド・プロスキーレースにもチャレンジしました。 この時私は、「スペードマン」と言う珍しいビンディングを使用。アメリカ二世のプロスキーヤー「ハンク・カシワ」さんも同じビンディングを使用していた縁で、仲が良くなりました。 私が滑っている写真右で、私の滑りをじっーと見つめる姿が映っていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武者修行−7

オーストリア・キッツシュタインホルンスキー場のメインの大斜面は、綺麗に整備されています。滑走距離も、十分に長いです。9月でも、この斜面が滑れました。真冬並みの練習ができるのです。 素晴らしいスキー場の全景マップです。「グロスグロックナー」は、オーストリア最高峰です。 知られざるプロセス!「武者修行-7」本文は、以下になります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武者修行-6

ここは、映画「サンド オブ ミュージック」の舞台となった場所がありました。今にもハイジが出て来そうな、おとぎの景色です。 ツェルアムゼーの美しい湖の周りに街があります。遠くに見える奥の白い山が、これから行こうとしている「キッツシュタインホルンスキー場」がある山です。私が立ち寄った美しい街です。 武者修行最後のトレーニング地となるこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more