思い出のワンシーン!(ワールド)

ここは、どこ? どこを滑るの??「ありえへん」場所にいます。 そこは、標高約4,300メートル地点で斜度(角度)65度の斜面です。スイス・マッターホルン山(標高4,478m)のピークから滑り出して、北壁から南壁へ移動しているところです。 もしも滑落したら、2,000メートル下のクレバスがある氷河へ真っ逆さまです。北壁の下の氷河には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン!(NO.37〜 八甲田山)

3月末だというのに、このパウダースノーに恵まれた。  スキーヤーは、八甲田山スキースキースクール・BCカントリー担当スタッフさんです。 スクールのガイドさん達は、イエローカラーのウエアーがユニフォームです。私もこの時期、大雪山パウダーツアーが終わった後の3月末だけの、僅かな期間を利用して八甲田山に行きます。 ツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン!-36(美しきパウダー3景)

powder snow 吹きまくりのNagaさんです。「かぐら」の真冬は、北海道と同じぐらいのフワフワの雪が味わえます。 標高2,000メートル近くの雪は、サイコー。今年、1月に撮影されたパウダーシーンです。 スキートップから、雪が舞い上がります。このシーンを見ると内側のスキーが急斜面にあたり雪が吹き飛んでいますね〜。急な斜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八章 ロックスキー(NO.4〜最終回)

写真:写真集から抜粋してコピーしましたが、すごく斜めだったので出来るだけ水平にしました。  そしたら、こんなに斜めになってしまった。できるだけ忠実に現場を表現したく角度を調整しました。 本当は、もっと急で崖なんですよ  羊蹄山ロックスキー滑降から・・・・・  Kのスタートの声が掛かった。 10秒前、全員の緊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン−35(美しきパウダー3景)

こんな森の銀世界に包まれた中を、滑って見ませんか?  これを知ってしまったNariさんは、辞められなくなってしまった。 これは、良い中毒のだろうか?良いに決まっているはずです。注意力&判断力や微妙な筋肉の使い方などの全神経が、ハイスペックで機能する。77歳でのスキーは、健康の秘訣に決まっているに違いない。したがつて粉雪中毒は、身体に良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン!(NO.34)

ロビーにある暖炉で、薪を燃やす。旭岳温泉にあるホテルでの一コマです。この暖炉の周りで飲む酒は美味い雰囲気ありますねー。 今日は、私がいつも泊まっている常宿のホテルを紹介します。大雪山パウダーツアーを実施している期間は、旭岳温泉「ホテル ベアモンテ」に滞在しています。 煉瓦色のホテルです。積雪量が多い真冬は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン!(NO.33)

この瞬間を楽しみに旅行資金を貯めて、1シーズンに1回だけこれを味わいに来てくれているゲストさんがいます。千葉県・君津に住んでいる、君津軍団の一人です。今回は二人で参加してくれました。KimiさんとKamiさんのお二人さんで、スノーボーダーさんです Kamiさんは、当初の君津軍団ができる前から参加していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン!(ワールド/アラスカ・WESC〜)

ワールド エクストリーム チャンピオンシップス私が前走をした時の滑降シーンです。場所は、アラスカのヴァルディーズです。 今のスキーから比べると、かなり細いスキーを使用しています。まあ〜当時は、まだ無かったですからね!この前走に出たことにより日本での「ジャパン エクストリーム チャンピオンシップス」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン(NO.32)

「えぞ松」の合間から威勢良く滑って来たのは、札幌近郊に住むImaさん。 ここ数年間でスキー技術は、格段に上がっていた。 数年前に参加した時はまだBCスキーの初心者だったのですが、今ではどこへ行っても滑れる上級者の仲間入りです。 彼は以前、東京に住んでいて数年前に引っ越しをして札幌近郊に移り住んでいます。 この日は他の参加者も無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八章 ロックスキー(NO.3)

「知られざるプロセス」写真:羊蹄山のお鉢(火口跡) 第八章 ロックスキー -3 ここからは、冒険の道を切り開く第一歩を踏み出す為に挑戦をするしか無いと思いました。 その山を選んだのが、北海道のシンボル的な山で誰もが知っている山「羊蹄山」でした。 挑む前にサポートスタッフがいるということで、「北海道新聞社」にロックスキーで羊蹄山に挑む! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン 3連発!プラス1 -31

逆光で、見事な影が伸びています。かぐらの林間ルートは、すごい雪が溜まっている。木々の間の間隔は結構あり、余裕あるターンができます。雪崩の心配も少なく、安心して急斜面のパウダースキーが楽しめますよ 「かぐら」にはオープンバーンもありますが、林間ルートも沢山あります。とくに吹雪の視界が悪天候でガスや雲が掛かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン(NO.30)

今シーズンから参加した、新人さんのOさんの滑りです。決まってますねー。イイ滑りです。かなりパウダーを滑り込んでるなあー。という滑りですねー 今シーズンは数回参加しましたが、どれも喜んでくれました。  パウダースキーをやっている時は、子供ように満面の笑みでした。来シーズンが、楽しみですねー。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン -29

この日は久しぶりの快晴でトラック跡がなかった。  登りを急いで、1番初めに滑ることを優先しました。 こんな良い天気の撮影は、なかなか無いチャンスでした。 ノートラックの大斜面を、「かぐらピラミッドピーク」に思い切り挑んで見た!素晴らしい雪に、感動です。こんな日にまた出会えることを夢見て、かぐらBCツアーを続けま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン!(NO.28)

灼熱の太陽と広大な砂漠をバックに滑るのは、Kakyi(カッキー)さんです。昨年(2018年)の8月にナミビアの「超絶景スキー撮影プロジェクト」サポートで、一緒に行ってくれました。彼にも滑るチャンスが出来たので、ナミビアの砂斜面にチャレンジ 私の友人でSegiさんに、このナミビアの撮影に関する全体のコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のワンシーン!-27

これぞ、大雪山の「スーパーシークレットスポット!」です。大きな谷と広い斜面は、S字を描くようにうねった川のような急斜面ルートです。幅は申し分なく広いですが、ここに入ったらもう逃げられません。スタートを切ったのは、スノーボーダーのカナダ人カップルの彼氏Aさんの方です。 近年、私の「大雪山パウダーツアー」も外人も少しづつですが、増えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八章 「ロックスキー」NO.2

 1週間後、改めて藤野スキー場のスタートポイントに立ちました。崖には苦戦しましたが、林へ逃げ込みストップを繰り返して3回ぐらい滑ることが出来ました。 しかし楽しさは、あまり感じなかったので場所を変えて楽しい所を見つけようと思いました。何故ならば、このままだとあまり面白く無いので飽きてしまいそうだったからです。 初めは北海道地図を見ながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more