超絶景サンドスキーワールド!パート2(ファイナル/6シーン)

PAR_4201.JPG
黒い砂を滑る!
私が初めて体験した時のサンドスキーシーンです。
場所は、南米•チリのアンデス山脈にある標高5,000ぐらいで滑りました。
この時はあまり滑らなかったのですが、もし滑るようになったら凄く楽しいスキーになるだろうな! と思ったのです。

この後、日本で初めてサンドスキーを「館山の砂山」で、やり始めました。
私がサンドスキーを、やるキッカケとなったスキーでした。

最初は、滑走面に何を塗ったら滑るのか? 模索しながら滑っていましたが、私一人での開発は限界を感じてサンドスキーワックスの開発を、ワックスメーカー青山化学の代表/青山さんに協力を依頼して、共同開発をすることになって現在に至ります。

明日、館山でワックスのテストを兼ねて滑る予定です。
スキーヤー/Wadaプロ・撮影/Shinnji.T

IMG_0042 (2).JPG
この美しい無人島は、私が今までに行った色々な島の中では、ベストワンです。

そんな無人島に、このような砂山が国内に存在していたのです。奇跡で、まさに「奇跡のサンドスキーイング!」に成りました。
私のスキー歴でこの砂斜面を滑れたことは、とても光栄です。
撮影/Hamadaさん

DSC_5554.JPG
船から撮影した「海へ滑降」のテーマで挑んだ無人島です。
撮影は、K.Wさん。

無人島の空撮.jpg
この島は、奄美大島に存在しています。
本当に、美しき島です。
世界遺産に成るべき大自然の美しさが、ここにあります。
ドローン撮影は、Eさん。

GOPR4814-2_Moment.jpg
私が夢にまで見た、大西洋側にあるナミブ砂漠を滑りたい! が叶った瞬間です。

海に突っ込むように滑るアフリカにあるナミビアの海砂漠は、あった
撮影/スキーに取り付けたAアクションカメラで撮影。

DSC_6081 (2).JPG
「超インスタ映え」のサンドスキーだ

海へ向かって滑る景色は、なんとも言えない気分です。これは、もう〜「明日に向かって滑ろ!」と言うサンドスキー青春物語です。
白波の海へ、一気に滑り降りる爽快感は、忘れられない。

これからも「超絶景スキー」を求めて旅を続けたいと思っています。この求め続けるパッションが、私のモチベーションです。
「超絶景スキープロジェクト」の応援&支援を、今後もよろしくお願い致します。
撮影/Segi.T

つづく〜


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント