アクション マジック(A.M)の凄さ! 撮影記録を見て、改めて知る!!

GPTempDownload 2.JPG
写真は、「緊急事態宣言」が出る前の4月4日に、この撮影をしました。
場所は「かぐらスキー場」BCエリアで、「霧の塔」方面です。

今回は、スキーのテール部分にA.Mを取り付けて、上に「Go Pro Max360」を取り付けて撮影をしました。
「K・ピラミッドピーク」の頂から滑り面白い映像が、撮れていました。

私が滑っている姿を後ろから撮影をしています。正面には北斜面が見えています。
一人で滑ってもこのA.Mを利用したら、後ろから滑降中の豪快なスキーシーンの全記録を撮影してくれます。
カメラマンいらずの、今までに無かった撮影方法です。

GPTempDownload 3.JPG
後ろと前の360度で撮影してますので、後ろで「Kaguraピラミッドピーク」の頂で準備しているYamoさんを、撮影していました。
カメラで撮影していることも分からないので、構えないごく自然な姿の記録が残っていました。

GPTempDownload 5.JPG
後ろから付いてくるYamoさんが、バッチリ映っています。
自分のスキーテール部分も、写り込んでいました。スキーから25cmの高さでの映像がポイントです。
パウダースノ時期に20cmが積もったとしても、アクションカメラは上に出ています。

後ろに見えるオープンバーンを見ると、多くのシュプールの跡がついてますねー。
この斜面は、「K.Pピーク」の手前にある低い尾根から滑るルートです。

GPTempDownload 5のコピー.JPG
Yoneさんにも、後ろから追い掛けてもらうようー滑って頂きました。
スキーテールの雪の舞い上がりシーンも、しっかりと捉えています。
この時は、後ろも前も撮影をしています。

GPTempDownload.JPG
GPTempDownload 7.JPG
お二人に、後ろから付いて来てもらいました。
先頭がYamoさんで、後ろからはYoneさんが追って来ています。
そして自分のスキーも入ってます。

カメラは、しっかりとスキーに取り付けてあるので自分は滑りに集中できます。
ただ距離感だけは、あまり離れてしまうと被写体が小さくなってしまうので、時々後ろを見て適度な距離感を保つことが重要です。
スキーでもスノーボードでも、A.Mの取り付けが可能で素晴らしく面白い撮影が出来ます。

来シーズン発売予定です。

P.S〜写真は、4月4日に撮影されたモノです。


つづく〜





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント