今までの「Wadaプロ制作・YouTube」アップで、人気になっている快進撃動画2本を紹介します。

DSC_6009.JPG
私が動画制作を始めてから、約10ヶ月です。 まだ1年が、立っていません。

今までで一番ヒットしている動画は、純粋にスキー動画では今年3月9日に撮影&編集制作した「大雪山パウダーロングスキー記録」からです。
アドレスは、下記の動画です。

アクセス数/3週間前で、842です。(今日の17時現在)まだ1000越え入ってませんが、確実に毎日増えています。
他の動画、アクセス数が止まっています。

また、スキー分野とは違いますが、南極冒険の時にたまたま映り込んでいたUFOを発見したビデオを編集してアップした動画があります。
これが、なんと約5ヶ月間で6.3万人アクセスになっています。 驚愕の数字です。
いかに世界は、UFO好きが多いのか? 分かりますねー。私の中では、怪物動画になっています。
アドレスは、こちらです。


今後は、放っておいても数字が増えて行くだけなので、注目して時々チェックしています。
伸びる時は、ドンドンと伸びて行きますねー。
私は2年か3年ぐらいは、掛かると思っていました。他の動画は、そのようにあまり伸びないです。
伸びない理由も、分かって来たような気がします。

チャネル登録数が多い事は、、おのずとアクセ数は増えて行きますが私のチャネル登録数は、100以下だと思っています。
それなのにUFO動画で、6万人越えとはチャネル登録には関係のない方が多く見ているということになります。
驚きです

しかし動画制作で大事な事は、作り続けることなのです。
やり続けることから、編集技術を学ぶことが大切だと思っています。
私はまだ新米ですから、これからだと思っています。

失敗動画も沢山あります。でも恥ずかしがらずに作り続けることが、ヒット作を生み出すキッカケとなります。
出してすぐに1000とか3000または、10000アクセスぐらい行く動画もあります。
何でもそうですが、これは上を見るとキリがない事です。

私はユーチューバーになるつもりは全くなく、収入になるスタイルには一切していません。
プロモーションの一環として作っていますので、お金が入るシステムにはしていませんし、今後もするつもりはありません。

ただ自分でのヒット作は、作りたいと思っています。
素材は毎日カメラを持って行って撮影すれば、必ず面白いのが撮れています。
ロケーションが良いこととアクションマジックのアングルの面白さも加わり、映像素材はGOODで事欠かないです。

一番は、編集の仕方と内容の流れですね! 今後も考えなければなりません。
そして動画を作ることが、大好きだと感じることです。それにはお金の収入が絡まない自由な編集ができることが、大切なキーポイントです。
ただアクセス数が次の動画を作るモチベーションになる事は間違えないことです。

作る前から動画ストーリーを考えることが、重要と思っています。
今後は、今シーズンに撮影した動画素材をオフシーズンに、じっくり作って行きたいと思っています。
膨大なストック素材があります。 私にとっては、夏は忙しいプロモーション動画制作の仕事時期と言えます。

DSC_0306のコピー.jpg
南極冒険の「UFO」動画が怪物的な大ヒットを生み出しました。
際どくて怪しい映像が、流行る世の中です。

でもこのUFOは、本当で真実なのです。 ただ現場では、全く気づいていません。
私は、ただただ氷の大斜面を滑り降りて来ただけであります。
映像では、「あっ! UFOだ!」とも何も言っていません。 そんなモノがいたとは、思ってもみなかったです。
今思うと、あの現場で見たかったですねー。

19年前に撮影されたビデオフイルムから、偶然にも映っていることを探し当てたことがYouTubeにアップしたキッカケでした。
本当は、「南極冒険スキー」の記録を残そうと編集していました。編集したものもしっかり載せましたが、UFOもので単独にアップしたものが大当たりしたという流れになっています。

今までの冒険も見直して、YouTube動画に編集してアップして行きたいと思っています。
私が死んでも、映像として残りますからね!
考えようによっては、通常のテレビより価値は個人的にはあるかもしれません。

まあー、もう見た方も多くいるか?と思いますが、今一度再度ご覧になって頂ければ嬉しいです。
大雪山の方は、つい最近の先月(2021’3月初旬)に撮影された動画です。


つづく〜





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント