思い出のワンシーン -15

DSC_0314.JPG
パタゴニア・イエローウェアーとK2スキーが滑る!
物静かな、Nさんだ!
昔は、グレーやネイビーなどの地味なスキーウェアーでしたけど、皆んなに「遭難した時に地味で見つけ出すのは最後の方になるよ!」などと言われて、カラフルウエアーになりました。
それが、本当との訳なのか? 私が言った写真写りが良いのは、やっぱり派手なウエアーがイイよ! が効いたのか?
とにかく写真が、凄くカッコ良くなりました。

確かにグレーウエアーなどは、周りの景色と同化して目立たなくなるので、撮影をしていても見つけるのが大変です。
出来上がりも、雪とほぼ同化してあまり輝かないのが本音です。
アースカラーと言って流行ってはいるのですが、スキー撮影には向かない色ですねー

彼と初めて出会ったのは、大雪山パウダーツアーでした。(その時も、地味な色のウエアーでした )
それから、神楽の方にも来てくれています。

ここは「かぐら」のBCエリアで、パウダースノーがどっさりと積もっている場所です。
普段は静かなのですが、一度かぐらでバックカントリースキーでルート分からない外人がいた時のことです。

そっちの方向は、危ないから注意してあげて下さい! とお願いしました。
英語が堪能なNさんにお願いしたところ、ペラペラの英語で大声で伝えてくれました。

外国人も、すぐに納得!
それも、そうです。 Nさんは、ネイティブアメリカンでした。アメリカで生まれ育ったそうで、日本語より上手では?と思うぐらいです。
だからは日本語では、あまり話さないのでは・・・  

私のHPの英版は、Nさんの監修で協力をして頂いてます。
いつもありがとうございます。

仕事も国際弁護士さんで外国企業や日本法人で外国にある企業の問題や外国との全般的なトラブルを、引き受けている弁護士さんなのです。
A弁護士Asaさんとも友人関係で、その関係からツアーに参加して知り合いになりました。

普段は難しい問題を仕事にしていますから、このパウダースノーを滑り! 一気に爆発させてストレス解消です。

みんなで、飲みに行きましょうー。 また、涼しくなる秋のサンドスキーにも来て下さい。

写真/今年1月の「かぐら」BCエリアです。


つづく〜



0

この記事へのコメント